デリケートゾーンのにおいの匂い消しの方法「3つのポイント」

どうやって匂い消しをすればいいの?デリケートゾーンのにおいケア3つのポイント

デリケートゾーンのにおいについて、こんな悩みを感じた経験はありませんか?

「デート中はにおっていないかひやひやする」
「朝から臭いがして仕事に集中できない」
「ちゃんとケアしても治らない」

出来ればにおいの悩みをなくしたいですよね。

でも匂い消しの方法はいくつかあり、自分に合う方法なら改善しやすくなります。今回はデリケートゾーンのにおいを消す方法をまとめました。

ポイントは以下の3つです。

1.原因を知る
2.肌や体調を整える
3.におい自体をなくす

相性の良さそうな対策を見つけて是非実践してみてください。

対策1.まずは基本の匂い消し!デリケートゾーンのにおいの原因を調べる

いきなりデリケートゾーンのにおい自体を消すのも良いけど、まずどうしてにおっているのか確認することが大切です。原因を知ることは匂い消しの近道となります。

膣内環境をチェックする

健康であれば膣内は自浄作用によって、ちょうど良いバランスに保たれています。においや痒み、雑菌繁殖などが起きにくくなっているのです。しかしちょっとしたことが原因で自浄作用は崩れてしまいます。

洗浄力の強い石鹸、高温のお風呂やシャワー、塗り薬の殺菌成分などは、デリケートゾーンにとってNGです。刺激になるものを避け、膣内環境を守ることはにおいケアの基本となります。

病気にかかっていないか調べる

デリケートゾーンのにおいは、雑菌や汗などが原因のことが多いですが、なかには病気が原因で起こることもあります。

急に匂うようになった、おりものが増えた・色が変わったなどの症状があれば、病院の受診をオススメします。子宮頸がんで起こることもあるので要注意です。他にも陰部のにおいにはこのような病気が考えられます。

・子宮内膜症
・淋病
・細菌性膣炎
・トリコモナス
・カンジタ膣炎
・クラミジアなど

⇓デリケートゾーンのにおいは病院の何科に行けばいいのかに関して⇓

デリケートゾーンのおすすめ石鹸ランキングTOP5

すそわきがかどうかチェックする

わきが体質の人は、デリケートゾーンからも特有のにおいが発することがあります。においの原因となるアポクリン汗腺は、脇や陰部に集中しやすいからです。

耳垢が湿っている、下着が黄ばむなどの人はすそわきがの可能性が高くなります。

⇓すそわきがの対策方法などに関する詳しい内容⇓

「すそわきが」がデリケートゾーンのにおいの原因!?

パートナーが原因で臭いがしている!?

性行為によってデリケートゾーンから臭いがすることもあります。他の原因に当てはまらない時は、パートナーの持つ細菌などが原因かもしれません。

必ずコンドームをしてください。膣以外に挿入した後はそのまま膣に入れるのはNGです。

膣内に異物は入っていないか確認する

タンポンやコンドームの破片が膣に入ったままだと、異臭を放ちやすくなります。違和感があると思うのですが、実際に気づかないこともあり得ます。異物がないかチェックするようにしましょう。

タンポンもナプキンと同じようにずっと同じものをつけていると、悪臭の原因となります。こまめに換えることが大切です。

デリケートゾーンのにおいをポジティブに受け取る

自分のにおいには敏感になりがちですが、パートナーに聞くと「気にならない」と言われることもあるでしょう。気を使っているのかもしれませんが、そこまで心配しないで良いこともあります。自臭症になり悩み過ぎも、精神的によくありません。

人間なら体臭はあって当たり前なので、自分だけのにおいと前向きにとらえるのも1つの手段です。とはいえ「私って臭い?」と直接聞きにくいし、あまりに強い臭いは好まれません。

エチケットとして、最低限清潔にしておくようにしましょう。

対策2.デリケートゾーンのにおいを徐々になくす!肌や体調を整えて匂い消し

もう一歩踏み込んだ匂い消しの対策を紹介します。日ごろから積極的にカラダの調子を整えることが大切です。

お風呂の温度に気を付ける

シャワーのお湯や湯船のお湯が熱すぎると、体に必要なバクテリアまで殺菌してしまいます。お湯の設定をぬるめにして、デリケートゾーンのにおいが改善するかチェックしてみてください。すぐにできる方法なので、まずこれをやってみて解消されなければ、別の方法を試します。

低刺激の石鹸で匂い消し対策

デリケートゾーンは毎日洗うので、日々の洗い方から対策する方法があります。温かいお湯とデリケートゾーン専用の石鹸で洗います。

洗浄力の強い石鹸や、香料などが入ったボディソープは、膣内の分泌物を増加させ悪臭に繋がります。低刺激の石鹸であっても、自浄作用を崩す恐れがあるため膣内は洗わないようにしましょう。

⇓デリケートゾーンの石鹸に関する詳しい内容⇓

デリケートゾーン石鹸【におい黒ずみゼロ】おすすめランキングTOP5

市販のデリケートゾーン消臭アイテムは要注意!?

市販の商品は肌に負担をかけやすることがあります。刺激の強い成分が入ったものも多く、においを強めやすくなるからです。

とくにデリケートゾーン向けのウェットティッシュは使い過ぎないようにしましょう。最近はオーガニックコットン使用のものや、アルコールフリーの商品も販売されています。肌刺激を減らすように作られていますが、正直これだけでにおいを無くすことは難しいです。

実際私もウェットティッシュを使ったことがあるけど、持続力を感じられず断念しました。とくに香料が強いものはオススメできません。体臭と混ざってしまう可能性があるからです。

⇓デリケートゾーンのにおい対策のウェットティッシュに関する内容⇓

ウェットティッシュ【外出先でデリケートゾーンのにおい対策】

上手にビデを使うことが大事

ビデも使い方に注意してください。膣内を洗うと自浄作用を崩し、デリケートゾーンのにおいの原因に繋がってしまいます。

トイレにあるビデは、外陰部を洗うために作られているもので、膣内を洗うためのものではありません。膣内を避けやさしく温水で洗い、トイレットペーパーで押さえながら拭いてください。

医師から使うようにと言われない限り、なるべく使用しない方が良いです。

⇓デリケートゾーンのにおいがビデで消えるのかに関して詳しい内容⇓

デリケートゾーンのにおいはビデで消える?ビデの使い方や注意点

食事でデリケートゾーンのにおい対策

劇的な対策は望めませんが、においを起こしにくくする方法が食事の改善です。

ヨーグルトは匂い消しにオススメ

ヨーグルトにはプロバイオティックといって善玉菌を含んでいます。腸内改善だけでなく軽いカンジダ対策も期待できる成分です。日ごろからヨーグルトを食べるとカンジダ予防も望めます。

砂糖とイースト菌はNG食材!?

逆にイースト菌はカンジダを起こしやすくするとされ、パン・ビール・マッシュルームなどに入っています。膣内にこの菌が増えることが原因です。

糖分はイースト菌に変性するので、同じくオススメしません。甘いものの食べ過ぎに気を付けましょう。

⇓デリケートゾーンのにおいにNGな食事や食品に関する詳しい内容⇓

デリケートゾーン【あそこのにおいと食べ物に関係はある?】

市販薬でデリケートゾーンのにおい対策

デリケートゾーンのにおい向けの市販薬は、残念ながら売っていません。しかし間接的ににおい抑制が望める市販薬はります。

整腸作用のある内服薬を飲めば、膣の自浄作用が保たれにおい菌の抑制効果が望めます。炎症が原因でにおいがしている人は、陰部専用の軟膏薬を塗るのも1つの方法です。

ストレスを解消する

ストレスがたまると汗腺が刺激され、においのある汗が出やすくなります。べとべとした汗で雑菌のエサになります。趣味に没頭する、積極的に休むなど、あなたにあったストレス発散方法を身に付けましょう。

ナプキンの使い方に気を付ける

ナプキンやオリモノシートは、ムレてにおいの原因に繋がります。生理中はナプキンを使わなくてはいけませんが、オリモノシートは必要最低限にしてみてください。

どうしてもシートを使いたい人は、こまめに交換することが大切です。最近は香り付の生理用品も増えましたが、これもウェットティッシュと同様に体臭と香りが混ざるので、なるべく使わないようにしましょう。

アンダーヘアの手入れをする

アンダーヘアが濃い人は脱毛をオススメします。毛量が多いとムレてにおいやすくなるからです。

脱毛サロンに行くのも良いですが、自宅でセルフケアする方法もあります。カミソリや毛抜きは肌を傷めやすいので、はさみでカットするだけでもOKです。

毛が短くなると汚れもつきにくくなり、雑菌繁殖予防に繋がります。

対策3.積極的に匂い消しをする!デリケートゾーンのにおいを解消

最後に攻めのにおい対策を紹介します。上記で紹介した方法では物足りないという人は、今から解説する対策法にチャレンジしてみてください。

下着を見直してデリケートゾーンのにおいを軽減

合成繊維の下着やストッキングは、陰部の通気性を悪くするのでムレて悪臭を発しやすくなります。綿やシルクの下着にかえ、ゆるめの服を着て風通しを良くしましょう。手っ取り早くにおいを軽減しやすい方法です。

デオドラントで匂い消し

個人的にオススメなのはデオドラントです。汗や雑菌にアプローチする有効成分が入ったものが優秀です。良いものだと朝塗れば夕方まで持続してくれます。

いざ臭った時はトイレで塗り直せばOKです。デリケートゾーン向けの商品もあり、肌刺激もほぼありません。

⇓デリケートゾーンのにおい対策のデオドラント商品に関するの詳しい内容⇓

デリケートゾーンのにおい対策【おすすめスプレー】ベスト6

香水を上手に使う

フレグランスのチカラを借りる場合は、どちらかというとニオイをごまかす方法に近いです。しかし体臭と相性の良い香りであれば、かえって魅力的な香りに変わる可能性もあります。自分のにおいを味方につけてみるのも良いでしょう。

パートナーへの配慮をするなら、膝上10cmあたりにつけると良いです。ムスクの香りが使いやすいです。

アロマにチャレンジする

デリケートゾーンのトラブルでよく紹介されるのは、「ティーツリーオイル」という精油です。抗菌・カビ効果が望め、においの原因菌にアプローチします。

ティーツリーオイル(2滴)と水(170mL)を混ぜ膣の入り口付近に近づけて使用します。ただしアロマは使用上の注意点などがあるので、慣れるまで時間がかかりやすいです。

⇓デリケートゾーンのにおい対策のアロマが気になる人は⇓

デリケートゾーンのにおいを解消できるアロマ【種類や使用法】

クロロフィルで匂い消しできる!?

自然派の人はクロロフィル(大1)と水(1カップ)を混ぜ、毎日2回飲む方法がオススメです。クロロフィルは緑色の植物から抽出され消臭効果が望めます。

一時的な変化ですが、これを飲むと舌が黒くなったり排泄物が緑っぽくなったりします。

リンゴ酢を活用する

お酢は天然の抗菌剤とされています。お風呂にリンゴ酢(1~2カップ)を入れ、20分ほど入浴します。デリケートゾーンの毒素やにおい菌の除去が望めます。簡単なので是非試してみてください。

病院で治療・手術を受ける

すそわきがが原因でにおいが起きている場合は、病院で治療を受けられます。アポクリン腺を除去する必要があるので、手術になることが多いです。

メスを使わない方法もあるので、事前に調べて病院に確認するようにしましょう。

⇒すそわきがの手術に関する詳しい内容は「手術でデリケートゾーンのにおいを治療|効果や値段を徹底調査」のページにまとめましたのでお読み下さい。

デリケートゾーンのにおいは解消できる!ポイントをおさえて匂い消し

今回はデリケートゾーンのにおいの匂い消しの方法を、「原因を知る」「肌や体調を整える」「におい自体をなくす」の大きく3つに分けて紹介しました。

一人一人あう対策法は異なります。自分があてはまる原因を知り、やりやすそうな対策から始めると良いでしょう。

あそこの匂い消しのコツを掴めば、お手入れもうんと楽になること間違いありません。ぜひ挑戦してみてくださいね!