デリケートゾーン【汗のにおいやかゆみ】原因と対策方法を紹介

いきなりですが、こんな経験はありませんか? 「デリケートゾーンに汗をかいて不快」 「陰部に汗をかいて、かゆみやにおいが気になる」 デリケートゾーンの汗の悩みを抱える女性は、実にたくさんいます。陰部は熱がこもりやすいため、気温に関係なく通年汗をかきやすい部分なのです。なかには緊張したら汗をかく人もいます。私もあがり症なので、その気持ちはよくわかります。 私自身何かとデリケートゾーンのトラブルに、悩んできたので汗のことも調べた過去があります。汗をかくって良いことだと思うけど、場所が場所だけににおいやかゆみが気になってしまいますよね。夏はあせもの悩みがある人もいるでしょう。確かに陰部は汗腺が多くムレやすいので、無理はありません。 このページでは、デリケートゾーンの汗についてのメカニズムや、対策方法について紹介していきます。

1.においやかゆみの元!デリケートゾーンの汗はなぜ出るの?

デリケートゾーンは下着以外にも生理やおりもののナプキンなどで、非常にムレやすく汗をかきやすい部分です。デリケートゾーンもワキ同様、汗腺が活発な部分なのです。汗は体温調節機能の役割も担っています。 体温調節の汗だけなら良いですが、アポクリン腺から出る汗も出やすい箇所です。アポクリン腺の汗は、特別なケアが必要です。アポクリン腺についてはこちらの「「すそわきが」がデリケートゾーンのにおいの原因!?」ページをお読みください。 そのため、運動後の汗臭さとはまた違ったにおいがする時があります。理由は、アポクリン腺の汗が混ざっているからです。

もしデリケートゾーンの汗が気になったら?

デリケートゾーンの汗やムレ対策として、通気性の良い下着に変えるといくぶんかは、マシになるでしょう。 しかしデリケートゾーンの汗は、相変わらずかきやすいままです。 汗対策を放置していると、どんどんにおいやかゆみが気になってしまいます。そうならないためにも、しっかり予防することが大切なのです。 脇汗対策と同じように、デリケートゾーンのにおいケアをすればOKです。

2.ワキ用の制汗スプレーはデリケートゾーンの汗対策に使えるの?

デリケートゾーンの汗対策といえば、どのような方法を思い浮かべますか? ドラッグストアなど売っている、「ワキの制汗スプレー」を思い浮かべた人も多いでしょう。 私も陰部の汗が気になっていた時に、制汗スプレーをふきかけた経験があります。そしたら、かゆみが悪化して大変なことになってしまいました。 確かにワキ用の制汗スプレーは、ワキの汗やにおいにアプローチできるけど、陰部に使うのはおすすめしません。 デリケートゾーンはワキよりも皮膚が薄くて、とても敏感肌だからです。 ビキニラインだけならまだしも、膣内にスプレーが入ってしまっては大変です。 スプレーには合成物質が入っているものも多いので、気軽に陰部に使わない方が良いのです。 一時的に汗が治まるかもしれませんが、何度も使っていると、私みたいにかゆみなどの肌トラブルを起こしてしまいます。だからデリケートゾーンの汗ケアをする時は、専用の制汗剤を使う方が良いです。 ⇒今大人気のデリケートゾーン用の制汗デオドラントはコレ!

3.デリケートゾーンのにおいやかゆみを起こす汗の対策とは?

デリケートゾーンの汗は正しくケアをしないと、においやかゆみなどの原因になってしまいます。ちゃんとケアすれば良くなるので、諦めないでくださいね。 それでは、どうやって陰部の汗対策をするのかチェックしていきましょう。

デリケートゾーンの汗のにおいを対策する方法

「大量に汗をかき、においが気になる」 「ムレのせいで恋愛に消極的だ」 まずは、こんな悩みをもつ人におすすめのデリケートゾーンの商品を紹介します! それが陰部専用の制汗デオドラントです。 ワキの制汗スプレーと似たようなアプローチが望めます。 デリケートゾーンに汗をかいたら、ムレて気持ちが悪いですよね。でも、それ以上ににおいやかゆみの悩みは深刻です。 ワキのにおいの悩みとよく似ています。ワキだって汗をかくと、気持ち悪いし、においやかゆみが起こりやすくなります。 だから夏になると、ドラッグストアでは制汗スプレー専用のコーナーが設けられるのです。 ワキを制汗スプレーで対策できるなら、陰部も汗を抑えてにおい対策してしまえばOKです。 いくつか商品はありますが、デリケートゾーン専用の制汗デオドラントで人気の商品を紹介します。これは私も使って良かったのでイチオシです。

イビサデオドラント

デリケートゾーンの黒ずみケアで有名な、イビサクリームを知っている人はピンと来たかもしれません。 東京のワックス脱毛サロンの「イビサワックス」から出ている、デオドラント商品です。 なんと、イビサデオドラントはデリケートゾーン専用に作られたものなのです!陰部の汗をしっかり抑え、においの軽減が望めます。 汗腺の活動にアプローチするパラフェノールスルホン酸亜鉛が入っているので、汗の減少を実感できます。汗をピタっと止めたい人にもおすすめです。

デリケートゾーンの汗によるかゆみの対策方法

汗によるにおいも嫌だけど、痒くなるのも嫌ですよね。デリケートゾーンはムレやすく、かゆみが出やすい部分です。私も経験がありますが、かゆみの不快感は耐えられませんでした。 皮膚をかきむしると、メラニンが活発になって黒ずみも起こりやすくなってしまいます。雑菌が増えると、においの悪化にも繋がってしまうのです。かゆみは、他の陰部の悩みを増やしかねません。

なぜ汗によりデリケートゾーンのかゆみは起こるの?

起こって欲しくないデリケートゾーンのかゆみ。どうして、痒くなってしまうのでしょうか?実は、肌が乾燥しているからなのです! 普通の状態ですら肌が弱いデリケートゾーンですが、乾燥肌になるとより敏感になってしまいます。陰部は、とても繊細な部分なのです!そんな弱った肌状態に汗をかくと、かゆみが起こります。

どうすれば汗によるデリケートゾーンのかゆみをケアできるの?

汗をかいたデリケートゾーンのかゆみは、どうやって対策すれば良いのでしょうか?ズバリ、「乾燥ケア」です! ⇒詳しい内容はこちらのページにまとめましたのでお読み下さい。 そして、手っ取り早い乾燥ケアは「保湿」です。クリームも大事ですが、石鹸にもこだわってください。 デリケートゾーンの保湿ケアが望める石鹸を使ってあげて、乾燥とかゆみを軽減させていきましょう。
おさらい
  • デリケートゾーンのかゆみは「乾燥」によるもの
  • 「保湿ケア」で乾燥対策をして、かゆみを抑えることが大事

アンボーテ フェミニーナウォッシュ

保湿ケアをするなら、「アンボーテ フェミニーナウォッシュ」がおすすめです!アンボーテは、デリケートゾーンを洗うだけで、乾燥対策が望める石鹸です。雑菌や汚れを落としつ つ潤うなんて、すごく便利ですよね!こだわりのオーガニック成分に、洗い心地最高の濃密泡など、お伝えしたい魅力が満載の石鹸なのです。
「アンボーテ」を使った感想
私はアンボーテを始めて見た時「こんな石鹸が欲しかった!」と思いました。実際使ってみて使えば使うほど潤う感じがしました。 そして、気になっていたかゆみも軽減していったのです。デリケートゾーンの肌環境がよくなり、においが減ったと思います。 陰部専用の石鹸はたくさんあるけれど、汗によるかゆみやにおいの悩みには、アンボーテがおすすめです。

汗かきさんは下着で対策をするべし!

私は汗をかきやすい方ですが、皆さんはどうですか?自分がそうなので、よくわかるのですが汗かきってちょっと悩みますよね。 私は、陰部の汗の解消法をたくさん調べてきました。すると、アンボーテのような石鹸や、デオドラント以外にも、「下着」で対策できるとわかったのです。 汗対策が望める下着の特徴は、
  • 通気性
  • 肌触り
以上2点です!実際下着にこだわりだして、全然違いました。それなりに良いものを身に着けた方が良いとわかりました。石鹸やデオドラントも重要ですが、下着にも気を付けるとより良いでしょう。

4.デリケートゾーンにあせもは出来るの?

あせもといえば、赤くてポツポツした湿疹で首や腕にできるイメージだと思います。でも実は、デリケートゾーンの方があせもは出やすいです。

あせもとは?

あせもは、もともと体外に出るはずの汗が、汗腺に詰まってしまい起こります。 皮脂なども一緒に詰まりやすいです。汗が皮膚の中に浸透して、赤くポツポツとなってしまうのです。 デリケートゾーンは汗や皮脂が多く、汗腺が詰まりやすくなっています。皮膚も薄くて弱いため、あせもが出やすくなります。 「まさか、デリケートゾーンにあせもなんて出ないだろう」と思われがちですが、本当に出やすいので気を付けてくださいね。 あせもは、かゆみも起こしやすいので厄介です。陰部を清潔に保って、なるべくあせもを作らせないようにしましょう。

5.汗以外でデリケートゾーンのにおいやかゆみが気になる場合

デリケートゾーンの汗と、においやかゆみの関係についてお話しました。においもかゆみも不快に思いますが、原因が汗とわかっているならまだ納得できます。 汗をかいていないのに、においやかゆみがあると少し心配になってしまいます。 「どうして臭っているの?」「かゆいけど性病かな?」など、気持ちが晴れません。 とくにデリケートゾーンは、生理やおりものなど様々な要因で、肌トラブルを起こしやすい部分です。 もしかして汗以外が理由で、においやかゆみを起こしている可能性もあります。 汗以外で陰部のにおいやかゆみがある人は、こちらのデリケートゾーンにおい【臭いゼロ計画】対策方法とおすすめ商品にまとめましたのでお読み下さい。

6.デリケートゾーンの汗の悩みを解消しよう!

汗によるにおいやかゆみは、多くの女性が悩んでいます。しかもデリケートゾーンにじわっと汗をかいた時の対処法は、簡単ではありません。 「汗よ、とまれ!」と念じてとまるなら良いですが、そんなことは出来ません。だからこそ、事前の対策が大切なのです。 根本的に汗をかきにくくは出来ませんが、紹介したようなデオドラントや石鹸でケアはできます。下着にも気をつかえばもっと良いでしょう。 顔と同じぐらいデリケートなのに、陰部のお手入れはないがしろにされがちです。目に見えにくい部分ですが、汗による悩みを減らすためにも毎日にケアをしてくださいね。そうすれば、「最近、汗が少ないかも?」と実感できる日が来るでしょう。